かかりつけ薬剤師はいかがでしょうか?

かかりつけ薬剤師とは

複数の医療機関を受診されている患者様には特におすすめなのが「かかりつけ薬剤師」制度です。

少し費用が掛かりますが、併用禁忌のお薬や重複投与、飲み合わせや服用時点の問題などを薬剤師の知識で確認し、問題がないか判断を行います。

場合によっては医療機関に対してお薬や服用時点の問合せ等を行い、適切なお薬の服用が行えるよう目を光らせています。

 

複数の医療機関から処方された処方箋を別々の薬局にお持ちになられていて、「お薬手帳」などでその実態が把握できない場合は特に注意が必要です。

「かかりつけ薬剤師」までは必要なくとも、少なくとも「お薬手帳」をお持ちになり、患者様が服用されているお薬の状況が薬剤師に把握できるようにお願いします。

併用薬にご注意を

複数の医療機関から処方された処方箋を別々の薬局にお持ちになられていて、「お薬手帳」などでその実態が把握できない場合は特に注意が必要です。

「かかりつけ薬剤師」までは必要なくとも、少なくとも「お薬手帳」をお持ちになり、患者様が服用されているお薬の状況が薬剤師に把握できるようにお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る