抗原検査キットを使ってみました。

今回使用した「抗原検査キット」は薬剤師会より提供があったもので、販売は行っておりません。

薬局で入手しようと手配をしておりますが、入荷の目途が立っていない状況です。

 

「抗原検査キット」がどのような検査を行うのか、知らない方が多いと思いますので、ご紹介したいと思います。

 

今回使用した「抗原検査キット」はこちらの抗原検査キットです。

 

箱を開けるとビニールパックにすべてのものが入れられていました。

 

袋を開けて内容物を確認します。

  • 検査プレート(中央上のパックにはいったもの)
  • スポイト(長いチューブのようなもの)
  • 紙コップ(右上の紙のもの)
  • 廃棄用の袋(左のビニール袋)
  • 混ぜ瓶(右下のボトルのようなもの)
  • 取扱い説明書(中央の紙)

 

まず紙コップに唾液を溜めます。

スポイトの線まで唾液を吸い取ります。

混ぜ瓶に、スポイトの唾液を入れます。

混ぜ瓶を10秒間振る。

検査プレートに、混ぜ瓶から2滴入れる。

 

15分後に検査結果を確認します。

この結果は「陰性」でした。

簡易検査ではありますが、大きな安心材料ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。