薬局ミーティング(17/06/01)

勉強会内容

テーマ:ピロリ菌

・ピロリ菌は慢性胃炎、萎縮性胃炎、そして胃がんの原因となる。

・除菌治療により、胃がん発生を3分の1まで減らすことが出来る。

・福岡市は内視鏡検診でピロリ感染を診断。

・ピロリ菌除菌療法には、胃酸分泌抑制が必須。

・除菌後、2ヶ月(8週間)後、尿素呼気試験による除菌判定、内視鏡検査再診をする。

・除菌後、PPI、H2ブロッカーを服用すると疑陰性になるので服用しない。

 

薬剤師へのお願い

・7日間、いかにPH6~7を維持できるかが重要で、朝夕必ず飲み忘れの内容に指導。

・喫煙、アルコールも胃内のPHを変化させますので、少なくとも7日間はやめるように指導。

・下痢、軟便、味覚異常、口内炎などの副作用は軽微で一過性のものが多く、できるだけ服用を続けるように指導。

 

その他

・まちがい大作戦(今月の間違いの原因を確認し、対策を講じる)

初めて出る薬や規格に注意。

・患者様の退院時の薬に注意

など。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る